酒をやめたらこうなった

アルコールに苛まされた過去を持つ40代です。2016年夏以来、断酒しています。アルコールをやめるに至った経緯や心情、現在の生活、断酒継続の私なりの方法を綴っていきたいと思います。少しでもアルコールに悩む人の参考になればと思います。

思考を観察する対象にする

人は、思考をコントロールできると思っている。


自分の意志で問題を捉え、思考するのだと思っている。


思い込みではないだろうかと疑ってみる。


思考は、記憶と反応で沸き上がるものかもしれない。


記憶は、原因と結果の連鎖の蓄積である。


記憶が、自分の行為の記録として残っている。


行為に対する反応は、意識の傾向を表している。


事象を良しと捉えるのか、悪く捉えるのか。


良し悪しの基準を含めた、一連の連鎖反応が


次々に、自然に沸き上がってくる。


あたかも自分が、考え出しているように演出する。


それを捉まえ、発展させていく。


問題点はどんどん大きくなる。


思考は止まることを知らない。


勝手に頭の中で、お喋りを続けている。


心臓の動き、血液の循環と同じように、


ひとときも、休むことなく沸き上がってくる。


我々はそれを自分の意志と思い込み、


振り回されていないだろうか??


自分の中で沸き上がるものが、


自分であると勘違いしている可能性を


考えてみたら面白い。


鼓動は止めることは出来ないが、


思考は抑えることが出来る。


思考を沈静化されるコツが、


観察することである。


風景を観察の対象とするように、


思考も観察の対象とすると、


思考と同一化してしまうこともない。


観ることによって、不思議と思考は沈静化する。


これが、面白い。


他の方法は、ものごとの集中することだ。


瞑想は、観察と集中を同時に行える


効率の良い、思考を鎮静化する方法だと思う。