酒をやめたらこうなった

アルコールに苛まされた過去を持つ40代です。2016年夏以来、断酒しています。アルコールをやめるに至った経緯や心情、現在の生活、断酒継続の私なりの方法を綴っていきたいと思います。少しでもアルコールに悩む人の参考になればと思います。

おしまいにする

おしまいにしましょう。


「おしまい」とは、物事をやめるだけではなく、


片付ける、始末すると言った意味を含み、


日本の文化や価値観が反映されています。


やめると言うと、再開する可能性も残しますが、


しまいにするは、物事の一番後ろを表したり、


決まりをつけること、今までしてきたことを


終わりにすることを意味しますから、


完全なる終結です。しかも、後始末付き(笑)


世界に広がった「もったいない」と同じく、


美しく、素晴らしい日本語のひとつです。


能には「仕舞う」というものがあります。


1日をきれいに舞い納めるのです。


美しく締め括るというニュアンスがあります。


お茶も同様です。


正客が「どうぞおしまいください」は、


あ、うんの呼吸できれいに場をおさめようとする


お互いの心遣いが感じられます。


現代人は、きれいに「おしまいにする」ことを


忘れているようです。


酒もそうです(笑)


不倫もそうです(笑)


やめることは、放り出すことでは


ないような気がします。


後始末とセットですね。


やめるときは、相手や組織、環境などに対して、


不満や不信の高まりが限界にきたときに、


採る行動ですが、


なんだか今までの鬱憤を晴らすように


後ろ足で砂をかけていくような人が


ここ最近、多いと感じます。


しかし、後始末ができない人が多すぎる。


作ったら作りっぱなし、あと知らない。


仕事でも、恋愛でも、人間関係でもそう。


引き際が肝心で、きれいに始末するような


人でありたいものですね。


私のブログのタイトルも変えよう(笑)


酒やめた、なんて下品だ(笑)