酒をやめたらこうなった

アルコールに苛まされた過去を持つ40代です。2016年夏以来、断酒しています。アルコールをやめるに至った経緯や心情、現在の生活、断酒継続の私なりの方法を綴っていきたいと思います。少しでもアルコールに悩む人の参考になればと思います。

他人は変えられない

他人の思いと行動は、変えられない。

 

それを変えようとするから、苦しくなる。

 

なんで変えようとするのだろう。

 

変えられると思っているのだろう。

 

こうした方がいいよは、お節介。

 

あなたのためを思って言っているは、

 

押しつけがましい。

 

どうなろうと、あなたには関係ない。

 

誰と付き合おうが関係ないし、

 

夢中になっているときは、聞く耳も持たない。

 

ダメと言っても、行動すると決めているときはやめない。

 

あなただって、そうでしょ?

 

酒を飲んでいるときなんか、さぞかし顕著だったでしょう。

 

他人の言うことなんか、これっぽっちも聞かなかったはず(笑)

 

もうやめてと言われようと、気絶したまで飲んだでしょ?

 

酒を隠されても、怒り狂って、出させたでしょ?

 

財布を取り上げられても、嘘をついてまで借金して飲みにいったでしょ?

 

そこまでしている奴が、今さら他人のことをどうこう言うのは間違いだ(笑)

 

さらにあの時は、自分はスゲーんだとかなり過剰に評価してたから、

 

自分の置かれている環境を恨んだりもした。

 

酒を年中飲んでいるような奴をクビにされないだけマシなのに、

 

不遇な扱いを受けているように憤りを感じていた。

 

そんなふうに、周囲がどう見ていようと、

 

自分はそんなことを考えていたわけだから、

 

他人の考えや思いなんて、変えられるはずがない。

 

唯一、変えられるときは、自分が変わろうと思っている時だけだ。

 

だから、他人の言動に、批評を加えるのは止めよう。

 

今日、ふとそんなことを思った。