酒をやめたらこうなった

アルコールに苛まされた過去を持つ40代です。2016年夏以来、断酒しています。アルコールをやめるに至った経緯や心情、現在の生活、断酒継続の私なりの方法を綴っていきたいと思います。少しでもアルコールに悩む人の参考になればと思います。

若い世代に飲酒について伝える機会

今度、仕事の関係で依頼を受け、


大学生に新生活の心構えを


話すことになった。


酒のことも話しとこう(笑)


得意分野だからな。


アルコール依存症のことは


黙っとくか。


誰かの話にしとけばいいや(笑)


だけど、リアルに話したら、


結構ヤバいなってなるだろうな。


このくらいの年のうちに


しっかりとした情報を


伝えとくのは意義があると思う。


だいたい、学生時代に


酒って覚えるものな。


私も、楽しかったけど、


アルコール依存症の第一歩は


あの時期に形成されたと思う。


まだまだ、飲むのが


頼もしいやら


男らしいやら


そんな風潮が色濃く残る


時代であった。


先輩方や大人たちの


価値観の影響は大きいと思う。


なんの疑いもない。


酒は楽しい、


コミュニケーションを円滑にする


味わいを楽しむ、


酒は百薬の長などと、


プラスに捉えられていた。


今じゃ、


ストロングゼロを筆頭に、


酒の害悪について、


暴かれてきている。


もう少しすれば


ほとんど飲まない社会に


なっていくのではないだろうか。


ここ4、5年でも


だいぶ変わったも思う。


私が止めたのは、


4年前だが、


断酒に関しての情報量が


格段に違う。


止めやすい世の中になったし、


逆に飲みにくい世の中にもなっている。


アルコール依存症に関しても、


正確な情報が伝えられるようになった。


オンライン飲み会などでの、


アルコール依存症などの


危険性についても


取り上げられることが


多くなったのは


良いことだと思う。


経済活動がストップしている上、


アルコール依存症者を増やしても


しょうがないからかな。




話しは大きく逸れてしまったが、


酒を手にする時期に、


少しでもアルコールに関する知識が


入っていると抑制にはなるだろう。


それでも、やりたいのが


年頃の行動であるが(笑)


何事も経験だからね。