酒をやめたらこうなった

浴びるほど飲んでましたが、2016年に断酒しました。ブログ始めた当初は断酒について綴ってましたが、今じゃなんだかよく分からないブログになってます。

アルコール依存症と断酒は最強の経験

アルコール依存症になり、

 

断酒をし、

 

その後の世界を経験できるのは、

 

最強ではないでしょうか。

 

まず、

 

アルコール依存症になるまで、

 

酒を飲み続けるって、

 

なかなか出来ません(笑)

 

どこかで、

 

歯止めがかかっているはずなのに、

 

それを振り切っているんです(笑)

 

引き返せるところを、

 

踏み越えてしまう、勇気(笑)

 

後は、酒の薬効で

 

ドツボに嵌っていくわけですが、

 

今度は、

 

そこをすべての世界と

 

勘違いしていきます。

 

そして、

 

健康を損ない、

 

時間を使い、

 

大金を積み込み、

 

人間関係を破壊しながらも、

 

俺はなんて恵まれない境遇なんだ

 

と、

 

酒を飲むことを正当化しつつ、

 

突き進んでいくわけです。

 

これだけでも、

 

かなりレアな経験です(笑)

 

経験には、

 

良いも悪いもありません(笑)

 

これだけでは終わりません。

 

経験は、まだまだ続きます。

 

アルコール依存症になったら、

 

心のどこかでこの状態からの

 

脱却を望みます。

 

これは、

 

このまま破滅しても良いと思って

 

さらに突き進む人にも

 

聞くことが出来る

 

心の声です。

 

このまま、

 

酒と共に、

 

この世の経験を終えるのも

 

良いかもしれません。

 

しかし、

 

ここまでだと、

 

片方しか経験出来ません。

 

ところがどっこい、

 

断酒すると、

 

正反対の経験も出来るのです。

 

全てを破壊し尽くす、

 

苦しみの世界から

 

何でもない日常が輝く

 

静寂な世界、涅槃へ(笑)

 

せっかくですから、

 

両方経験することをおススメします。

 

まず、断酒を決意すること。

 

このハードルが高いんだな(笑)

 

イヤですね、正直、

 

酒が飲めなくなるのは。

 

そして、つらい。

 

身体に起こる離脱症状は、

 

人それぞれですが、

 

今までの習慣を変えるというのが、

 

なかなかに大変です。

 

特に、酒は人生に、

 

生活のあらゆる場面に

 

くっついていたのですから。

 

ここが一番、

 

我慢の時だと思います。

 

程度の差はあれ、

 

これを乗り越えられるかどうか。

 

ここは、腹を括る、

 

覚悟が必要です。

 

強烈に

 

脳と、

 

身体にも依存している

 

習慣からの脱出も、

 

なかなか経験できないことです。

 

これを抜けると、

 

断酒前と断酒後の風景が

 

見事に変わります。

 

同じ環境にいるはずなのに、

 

日常が、光り輝く。

 

こんな経験も、

 

なかなか出来ないでしょう。

 

アルコール依存症になる人たちは、

 

ある意味、

 

選ばれた人たちです。

 

そして、

 

そこを脱出する

 

経験を出来るのも

 

貴重であります。

 

さらに、なんでもなかったはずの

 

むしろ、苦しかった世界が、

 

一変し、

 

光り輝く世界に変わるのを

 

目の当たりに出来るのです。

 

悟りのようなもの(笑)

 

何事も、

 

表裏を経験しなければ

 

実感が湧いてこないもの

 

かもしれません。

 

人づてに聞いたこと、

 

媒体から得た知識も必要ですが、

 

体験したことには遠く及びません。

 

幸せは、幸せな状態が当たり前であると、

 

感じられないものです。

 

大きなふり幅を、

 

アルコール依存症から

 

断酒へと経験することにより、

 

人間の幅が出てくるのは

 

間違いないかと思います。

 

無駄だと思われた時間が、

 

実は、日常を輝かせるための

 

壮大な伏線だったのです(笑)