酒をやめたらこうなった

アルコールに苛まされた過去を持つ40代です。2016年夏以来、断酒しています。アルコールをやめるに至った経緯や心情、現在の生活、断酒継続の私なりの方法を綴っていきたいと思います。少しでもアルコールに悩む人の参考になればと思います。

失敗も貴重な体験

失敗や辛いできごと、苦しいことって、

 

出来ることなら、避けて通りたいと誰しも思う。

 

だけど、失敗も貴重な体験だ。

 

人は失敗しないと、なかなか改善せれていかない。

 

自分自身で痛い目を見る必要がある。

 

人間は勝手なもので、同じ状況において、

 

過去の事例があるにも関わらず、

 

自分は大丈夫と同じ行動を選択することがある。

 

歴史に学べないのはこういうことだ。

 

傲慢さが、せっかく蓄積されたデータを活かすことなく、

 

そのデータを確証することの事例を、追加していくことになる。

 

生身の体験として、腑に落とさないといけないのだ。

 

しかし、失敗もその先を見れば、ものすごく大きな財産となる。

 

こういうことは、誰しも経験があることだと思う。

 

転んで痛さを知り、立ち上がることも学ぶ。

 

同じような辛い体験があるからこそ、人に寄り添えるようになる。

 

順風満帆だけの人生は、どこかで退屈を覚えていく。

 

片方だけしか経験していないと、

 

傲慢になるか、卑屈になるかであろう。

 

そこには、何の感動も感じられなくなる。

 

苦しいのも生きている証。

 

辛いことも生きているからこその経験である。

 

失敗も絶望も、私たちがより良く生きるための大切な事象である。

 

失敗や絶望も、裏返せば成功や希望と同じくらいの輝きを感じられる。

 

過ぎれば穏やかな水面に戻るように、嵐はやがて過ぎ去るのだから。

大麻と酒

大麻は自生の大麻は大昔から日本でも

神事に使われていたとか、

石油製品を売るために大麻の栽培を

禁止した歴史などもあるし、

国に拠っては合法のところもある。

酒やタバコの方が依存性が高く、

健康被害が大きいなどとも言われることもあるが、

いずれにせよ、依存性があるのには

間違いがないし、気分が上昇し、

常軌を逸脱する行動を取る危険性が高まる

ことは否めない。

だから、酒ももう少し規制をかけた方がいいと思うけど。

酒などはストゼロに代表されるような、

早く安く酔える酒が、四六時中、

ジュースより安く手頃に買えることに

問題があると思う。

酒は文化的な側面も持ち合わせているが、

こんな合成麻薬みたいなものは、

ただ理性をぶっ飛ばし、

現実逃避を促しているだけだ。

こんなものを分かっていて

煽っているのであるなら、

かなり質が悪い。考えられなくなる。

まあ、私もどっぷりとその罠にハマってたんだけど。

だから、大麻をはじめ薬物はやらない方が良い。

きちんと現実に向き合い、

その時、その場を生きることが、

必ず人生の充実感に繋がる。

それは、どんな体験でもだ。

向き合えば解決する。

問題を先送りにするから、

同じような問題が立ち上がる。

良く観察すると、状況は違えど、

同じような因果が起こってはいないだろうか?

自分の中のある大きな意志との繋がりは、

酒や薬物を摂取しなくても、

自然に沸き上がるものだ。

それをあらゆる情報が覆い隠してしまっている。

もう私は眠らない。

この世をしっかりと感じて生きていこう。

何もしない時間

私たちは予定を詰め込むことに慣れている。

 

学校では時間割があり、年がら年中行事があり、

 

小さい頃から習い事や塾通いで、曜日の予定もぎっしり詰まっている。

 

そしてそのまま大人になる。

 

大人になると、予定がぎっしり詰まっている人が

 

充実していると考えられている。

 

忙しい人ほど有能?なように思われる風潮もあり、

 

会えないように思わせるほど、

 

重要な人物のような演出になるような気がする。

 

SNSでは、いわゆるリア充をアピールし、

 

休日でも、これでもかというくらい何かをする。

 

体験をするのはとても良いことだと思うが、

 

最近、何もしないのも良いなと思い始めた。

 

空白が生み出す力の存在。

 

空白ではなく、見えない何かが充満している中で、

 

それが結びつき、何かに変化する状態を待つことも大切である。

 

放っておけば、自然に必要なもの同士が結びつきを始めて、

 

次なる標になっていくのに、無理に何かをしなければいけないと

 

思ってしまうから、変な方向に行くこともあるかと思う。

 

何かをしているけど、気が進んでいない、

 

身体が嫌がっているということもある。

 

何かをやっているにも関わらず退屈なのは、

 

見逃せないサインかもしれない。

 

あえて余裕を作る。日常に空白を持たせる。

 

しなければを手放す。

 

しなくても何とかなるものである。

 

そうすると本当に不思議とやることが出てくる。

 

それが、心からやりたかったことなのだ。

 

 

美術と音楽に目覚める(笑)

内面の変化が著しい(笑)

興味の対象の変化。

見るもの聞くものが新鮮に感じている。

4年前まで酒まみれだった男がですよ、

酒場しか興味がなかった男がですよ、

音楽と言えば、酒と泪と男と女しか

知らなかったような男がですよ、

今じゃ、あらゆる音楽に目覚めてる(笑)

今度コンサート行くの、パイプオルガンの(笑)

あの頃からしたら考えられん(笑)

レゲエも最近好きなんだ♪

楽しいね、音楽って(笑)踊りたくなるよ(笑)

今日は休みで、美術館に行ってきた。

東京にはたくさん美術館があって、

恵まれていることにいまさらながら気付いた。

これからしらみ潰しに回っていこう♪

夏の終わりには江の島に行ったり、

ドライブもついでに楽しんでいる。

世の中は楽しさに満ち溢れているんだな。

時代を越えて美術や音楽は、

私たちの魂を揺さぶっている。

宇宙からのメッセージだね。

自分で自分を殴る

過去のことを引きずっていて、

ことあるごとに思い出して、

悔しがったり、悲しんだり、

恥ずかしかったり、恨んだりの感情が

込み上げてくることがあった。

人に対してもそう。

言われたこと、やられたことを思い返してしまう。

ところが最近ようやくこのような感情から

離れつつあるのを感じることが出来てきた。

すごい進歩だ。それに気付いて観察している。

ときに笑える余裕も出てきている。

ああ、なんてバカなことで

長い間自分を苦しめていたんだろう。

そう、自分で自分を殴っていたのだ。

赦すってとても大事なことで、

人を赦すのではなく、自分を赦すと

自然と人を赦せるようになる。

まずは受け入れること。

そして傷付けているのは、

人ではなく自分だと言うこと。

自分の気持ちがそのまま自分に返ってくるのに、

この頃気付いた。

苦しんでいれば、その他のことも

そういう風に見えてしまうだけだ。

今はとても楽な気持ちに。

秋の風が、心にも爽やかな気持ちを運んできてくれる。

ハチを殺す

この時期、ハチが多い。

身近で刺された人も結構いる。

今日も頼まれて蜂の巣を駆除した。

でも、ハチはこちらが何もしなければ

攻撃してこない。

攻撃するのも命がけで、

ビックリして必死に自分たちを

守ろうとする行為なのだ。

人は気付かずに彼らを脅かしといて、

刺されたら大騒ぎして、

蜂の巣ごと皆殺しにしてしまう。

ハチにしては、たまったものではないな。

とはいうものの、殺虫剤を大量に撒き、

たぶん全滅させてしまった。

かわいそうなことをしたものだ。

こういうことを地球規模で人間は、

やり散らかしているのだろうな。

期待しない生き方

期待はたぶん疲れる。

ないのにあるようになると思うこと。

これにより、期待が生まれる。

ないのにあると勘違いして、

もともとないのにそれがこないと、

ガッカリする。変な心理だ。

努力とセットになることが多い。

トレードオフ、取引だ。

これだけやったんだから、

これだけお金をかけたから、

これだけ時間を費やしたから、

だからこうなって然るべきだと、

勝手に考えているのだ。

ないものなのに、勝手に手に入ると思っている。

だから、そうならないと落胆する。

場合によっては怒りだす。

人の態度に怒ることもこういう過程を辿る。

こちらが勝手に、相手の取るべき態度を決めている。

だから自分の予想外の返答や態度に怒るのだ。

それも、こうしてあげたのにとか、

何回も同じ事を言ってあげているのにとか、

あれもこれも期待しているだけだ。

勝手に行為をして、勝手に結果を求めている。

何かを得られる期待があるから何かをすると、

それに対する自分の期待値が与えられないと、

落胆することにあるだろう。

徒労とはこういうことなのだと思う。

自分でやって、勝手に盛り上がり、

一人でガッカリする。

期待しているのは自分だ。

その期待は幻想を作り出しているんだ。

自分が幻想を作り出し、

それに勝手に傷付いているんだから面白い。

何事にも左右されないのは、

行為そのものを楽しむめるようになることだろう。

没頭する。その行為に下手や上手いもない。

本人が無我夢中で楽しんでいることが

一番の成功なのではないか。

自分に期待しない。他人に期待しない。

期待と言う幻想に惑わされてはいけない。